• ログイン
  • BLGI001

■フィッシング攻撃に対する警戒のお願い
昨年9月頃から、金融機関を装ったフィッシングメールにより偽のフィッシングサイトへ誘導され、
インターネットバンキングのパスワード等の情報が窃取されることにより、不正送金が行われる被害が急増しております。
「インターネットバンキングのID、各種パスワード、各種暗証番号」等の情報等が第三者に知られた場合、
インターネットバンキングで不正送金される被害につながる恐れがありますので、十分にご注意ください。

※不正送金被害の概要
①金融機関を装ったフィッシングSMS(ショートメッセージサービス)が特定期間に集中して配信される。
②金融機関の口座保有者がフィッシングサイトに誘導される。
③誘導先で金融機関のログイン画面を模したフィッシングサイトが表示される。
④インターネットバンキングのログインIDや各種パスワードなどの認証情報のほか、口座番号や暗証番号などの情報を詐取。 
⑤インターネットバンキングの利用状態によっては、OTP(ワンタイムパスワード)の詐取が試みられる。

※確認されている攻撃状況
①利用顧客がOTPを利用している場合、OTPの詐取を試みる。
②利用顧客の限度額が少額の場合、限度額引き上げを行う。

ご利用のブラウザでは証明書を発行できません。証明書を発行する場合は対応ブラウザをご利用ください。

電子証明書方式のお客様
ID・パスワード方式のお客様
 
 
 
初めてご利用されるお客様

初めてご利用の方は、最初にログインID取得を行ってください。